第2期北海道たけのこ王位戦 1回戦2局目 伊東 × 石川戦

さて、第2期北海道たけのこ王位戦1回戦第二試合、石川健太郎さん対伊東信義さんの対局について、棋譜と講評を上げていきます。

この対局は、12月18日に大村×内田戦の後に続けて行われたものです。新型コロナ対策で換気をよくする中、サロン内はちょっと肌寒かったのをおぼえています。

これも、釧路と札幌とのネット対局。東洋囲碁にて行われました。さて、小学6年生の伊東さん、昨年に引き続きの参加ですが、1年間の成長を見せてくれるでしょうか?

 

いか、義行先生による講評ですので、「私」とは義行先生のことです。私(小林)のことではありません。ややこしいですけど。

139手完、黒 伊東信義さん中押勝ち

2021石川伊東戦 総譜_page-0001

 

石川伊東戦1

 

私なら、カカリは捨てて1~7と打ちます。

石川伊東戦2

カケならデギリたいです。実戦のハイは少し辛いかな。

石川伊東戦3

コスミツケは攻めの手なので一間に打ちましょう。

石川伊東戦4

実戦のブツカリはワタリをとめる厳しい一手ですが少し重い感じです。私なら黒1と打つかな。

石川伊東戦5

白1と打ちたいです。黒2なら白3でOK!

石川伊東戦6

黒1が急所!

石川伊東戦7

やはりここが急所です!黒2は白3で問題ありません。

石川伊東戦8

ここがすごく大切なところなのです。

石川伊東戦9

細かい話ですが実戦の出た手は不要です。単に黒1~7と打ちましょう。

石川伊東戦10

こちらをツギましょう。

石川伊東戦11

やっぱりここ!

石川伊東戦12

実戦のツケは若者らしい厳しいと言うか楽しい一手ですね。年寄りの私は平凡に黒1~3と打ちそうです。これで何の問題もないと思いますが。

石川伊東戦13

とりあえず白1とノビましょう。黒に1と打たれるのは辛いです。

 

と、解説は以上です。

実戦はこのあと100手ほど打たれましたが、白は苦戦を強いられたようです。ついに大石が切られてしまい、黒の中押勝ちとなりました。伊東さんは2回戦進出です。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第2期北海道たけのこ王位戦 1回戦 大村×内田戦

 

 

2021.12.18 大村内田 総譜_page-0001

さて、遅くなりましたが第2期北海道たけのこ王位戦、棋譜と講評の公開を行ってまいります。誰かが言ってましたが、北海道唯一のタイトル戦らしいです。うーん、そういえばそうかも(笑)

第2期たけのこ王位戦、トップバッターは大村慶太さんと内田温子(はるこ)さん。内田さんは釧路在住で、尾越一郎九段のもとで囲碁修行中の高専生です。昨年も参加してくれています。

対する大村さんは、たけのこ囲碁サロンで席主のアルバイトをしてくれている大村未由希さんの夫です。トレーニングが趣味で、パワーリフティングの大会に出ているそうです。
スクワット、ベンチプレス、デッドリフトの三種目をやる競技なんですが、ガチンコの筋トレ好きということですね。まさに文武両道。肩回りの筋肉のつき方が普通ではないことが、服の上からでも見て取れます。

釧路は、なにしろ特急でも4時間以上かかる遠隔地なので、対局はリモートで行われました。一方の大村さんはたけのこ囲碁サロンで、内田さんは釧路の囲碁サロン尾越でログインしての対局です。

では、講評を見てみましょう。以下、義行先生の講評ですので、「私」とは義行先生のことです。

大村内田戦

白6の三々入りに関しては、私は三々入りを使いこなす自信がないし良い手だとは思えないので普通にワリウチします。AI流を否定するわけではないので誤解のないように。

大村内田戦2

黒9、私なら普通に黒1~5と打ちます。

 

大村内田戦3

黒13は1~3で何の問題もないと思います。

 

大村内田戦4

黒19、ここはどんどん押したいです。

 

大村内田戦5

黒29では急所に打ちましょう。

 

大村内田戦6

黒33、ここでは黒1が急所です。

 

大村内田戦7

黒37では1と打って2子を捨てればまだ打てたと思います。

 

大村内田戦tuika

 

白38ではすぐに白1~5と打ってゲームセット!
※ ここは局後の検討でもそういう話になっていました。

 

大村内田戦9

黒39は最後のチャンスでした。

 

本対局は、このあとかなり続くんですがこの黒大石が取られた時点で事実上勝負がついているということで、講評はここまでです。仮に参考図のようになっていたらどうなっていたんでしょうね~?筆者には白不利なように見えるんですが……

内田さんは、昨年も本大会に参加していますが、一年たって前よりも強くなっているような印象を受けました。今後が楽しみですね。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第2期北海道たけのこ王位戦 トーナメント進行状況

北海道たけのこ王位戦 2022.01.08 トーナメント表_page-0001

2022年1月8日時点で、第2期たけのこ王位戦の進行は2回戦第1試合までが消化されています。参加者である浅野哲也さんの怪我のため、現在のところ2回戦第2試合はまだ行われておりませんが、順当に行けば1月22日に実施される見込みです。

その後、23日に長島・浅野戦の勝者と伊東さんの対局が行われる予定です。

そして、1月29日・30日には義行先生が来札され、29日に準決勝、30日に決勝が行われる運びとなっております。その際は公開対局となりますので、みなさまぜひお越しくださいませ!

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

新年のご挨拶

皆様あけましておめでとうございます。
コロナは依然として猛威を振るっていますがたけのこ囲碁協会では本年も感染症対策を万全にして「新札幌たけのこ囲碁サロン」の運営や「たけのこ杯北海道こども囲碁大会」をはじめとするイベントの開催をしたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人たけのこ囲碁協会理事長 谷村義行

正月飾り

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

良いお年を・・・

今年もコロナに始まりコロナで終わりそうですがそんな中、たけのこ囲碁協会では感染症対策を万全にした上で新札幌たけのこ囲碁サロンを運営、たけのこ王位戦・十段戦を開催、囲碁サロンにプロ棋士を招聘、囲碁サロン夜の部を開設、そして2年ぶりに「北海道こども囲碁大会」を開催するなど囲碁普及活動を行って来ました。
来年もコロナの状況はまだまだ不透明ですが出来る限り囲碁普及を頑張っていきたいと考えています。

第21回たけのこ杯北海道こども囲碁大会の詳細やリザルトは後日報告する予定です。
私(谷村義行)のブログで簡単に大会の様子をアップしましたので良かったらご覧になって下さい。

1年間たけのこ囲碁協会を応援して頂き本当にありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様良いお年をお迎え下さい。

一般社団法人たけのこ囲碁協会 理事長 谷村義行

2021たけのこ杯1

カテゴリー: ご挨拶, 北海道こども囲碁大会 | コメントは受け付けていません。

第21回たけのこ杯北海道こども囲碁大会 開催要項

第21回たけのこ杯北海道こども囲碁大会

コロナで昨年はできませんでしたが、今年は下記要領にて開催いたします。
※ 例年と場所が異なります。日本棋院北海道本部での開催ですので、ご注意ください!

〇日程 12月26日(日)

〇会場 日本棋院北海道本部囲碁会館(札幌市中央区北4条西6丁目毎日札幌会館6F)

〇クラス

・チャンピオン(互先)10時半~受付、10時45分~16時半対局

参加費500円(昼食付)

・ハンデ(A:2段~8級、B:9~18級)12時半~受付、12時45分~16時半対局

参加費500円(昼食なし)

・フリー(参加無料/19級以下/13路盤・9路盤・入門)12時半~受付、12時45分~14時半対局

・プロ指導碁:谷村義行八段(14時半~予定)

〇申込
メールフォームから

1名前(フリガナ)、2男女、3棋力・参加クラス、4学校名学年、5連絡先(電話・メール)

を明記してお申し込みください。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

新札幌たけのこ囲碁サロンの休業について

新型コロナウイルス変異株の拡大があまりに急速であることから、利用者の皆様・スタッフの安全と、ひいては地域の医療体制自体を守るため、令和3年5月13日から5月31日まで、一時的にサロンを閉鎖いたします。

碁を愛する仲間の交流の場を提供しつづけたいという思いで、感染予防に最大限の配慮をしながら赤字にも構わず営業を続けてきましたが、今回の変異株は別格の危険度であると判断いたしました。

感染状況によっては閉鎖期間を延長することもありえます。その場合は、貼り紙・ツイッター・フェイスブック等により再度告知いたします。今は一時的に閉鎖しますが、コロナに負けて閉店するようなことだけは絶対にしません。必ず再開はしますので、みなさま、また元気にお会いいたしましょう!!

新札幌たけのこ囲碁サロン スタッフ一同

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第1回たけのこ王位戦 決勝戦 道川伊織×谷村義行戦の棋譜と講評 その1

道川義行戦 総譜_page-0001

さて、だいぶ間が空いてしまって非常に恐縮なんですが、2月7日に行われたたけのこ王位戦決勝戦の棋譜を乗せていきます。

道川義行戦 変化図1png

右上、一間ジマリにツケていく手はAIから派生した最近の打ち方ですが、変化図のような手順が定石化されているようです。しかし、義行先生は小目の位置におさえる手以外は打つ気がしないとのことで、今後も義行先生が打つ限りこの変化図が出ることはないと思われます。

道川義行戦 変化図2png

実戦、このようになった図を見て、ツケを省いて単に白がシマるのと比較して黒悪くないと、義行先生の評価でした。

道川義行戦 変化図3png

実戦は黒ケイマで受けましたが、仮にコスミで受けると白がケイマで受ける形がしっくりくるので、黒打ちたくないとのことです。

道川義行戦 変化図4png

黒1とツケた場合、キリチガイからは難しい変化になりそうです。局後になってみると、(聞き役だったひろみさんから指摘されたように)一路右に受けて右辺を囲っていて悪くなかったかもしれないと義行先生も思ったということでした。キリチガイは白から右辺に技がかかる恐れがあると。しかし、対局中は右辺を囲う気は全くなかったと義行先生は言っております。

道川義行戦 変化図5png

もしもこうなったら黒が面白いんだけど……ということで示された図です。

道川義行戦 変化図6png

この局面では、黒がハネで受けるとこんな変化があり、黒がつぶれてしまいます。よって、少々不本意ながら黒は実戦の出を打ったとのことです。

ちなみに、この碁は大盤で手順を実況しており、みなさんシンとしつつもじっと大盤に見入っていました。私はサロンの隅っこで、対局の邪魔にならぬようにしながら小声で隣にいたひろみさんに解説をしてもらっていたのですが、ひろみさんのズバズバと歯切れのよい解説のおかげで随分わかりやすく観戦できたことをおぼえています。

 

あの日あの時、サロンには高段者のみなさんがそろっていましたが、その中にあってすらひろみさんは上から数えたほうがはるかに早い棋力の位置にいたであろうと私は確信しています。

道川義行戦 変化図7png

白もこんなものではなかっただろうか、の図です。

道川義行戦 変化図9png

ここで白が出から打つと(筆者などは真っ先に考える手ですが)、黒のオサエに対して白が切ったとしても、白の形が崩れてしまいます。

道川義行戦 変化図10png

ここで白がオサエてしまうと、黒3が厳しいのですね。よって、実戦のヒキになったと。

決勝戦は解説も微に入り細にわたっており、先が長いので、とりあえずここまでとさせていただきます。続きはまた後日公開しますね。歩みが遅くて申し訳ありません。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

イベント告知 奥田あや先生 来札

今月26日から28日の3日間、女流プロの奥田あや先生をお招きして、新札幌たけのこ囲碁サロンにてイベントを行います。御用とお急ぎでない方は、ぜひ足を運んでみてください!

イベントスケジュールは下記のとおりです。

※ 指導碁は3~5面打ち程度を予定していますが、1回の予約は3名様まで限定とします。

※ 席料は別途とします。

※ 指導碁は1局2500円です。

※ 余裕を見て、指導碁の当日受付も行います。

予約受付 下記あてにメールにてお名前・お電話番号を添えてご予約ください。
takenokoigo.salon2@gmail.com
(又はサロンのツイッターアカウント宛にDMをいただいても結構です。各回予約は先着順とします。)

 
3月26日 金曜日 奥田あや先生を囲む夕べ

初日は夕方から、希望者に対して指導碁を打っていただきます。(特別に営業時間を延長して行います。)

アルコールの持ち込みも可能です。ゆるりとした会を予定しています。

指導碁1局(90分程度) 2500円(席料別)

1回目17時~
2回目18時45分~

21時ごろ~ サイン会、写真撮影

 

3月27日 土曜日 渡部春妃送別公開対局、奥田あや先生自戦解説、指導碁(1回2500円)

開業からサロンを支えてくれていた、大事なスタッフの渡部春妃さんが、4月より就職のため上京します。その送別を兼ねて、奥田先生との公開対局会を行います。

10時 公開対局 渡部春妃×奥田あや 実況 中村泰子
11時 公開対局の大盤解説 解説 奥田あや 聞き役 中村泰子

13時 奥田あやプロ 自戦開設 聞き役 中村泰子
14時 指導碁 1回目
15時30分 指導碁 2回目

17時ごろ~ サイン会、写真撮影

 

3月28日 日曜日 指導碁 大盤解説会

10時 指導碁

13時 大盤解説(希望者の自戦譜を奥田プロに解説していただきます。2~3名分)

14時30分 指導碁 午後1回目

16時 指導碁 午後2回目

17:30ごろ~ サイン会、写真撮影

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第1期 北海道たけのこ王位戦 棋譜と所感 道川さん対浅野さん

道川浅野戦 _page-0001

さて、たけのこ王位戦も大詰め、アマチュア同士ではこれが決勝戦となる道川さんと浅野さんの一戦です。両者ともいつプロに勝ってもおかしくない文句なしの強豪ですが、公式戦での戦績は浅野さんが有利に聞き及んでおります。

これまでの対局を拝見する限り、道川さんは最新の打ち方をよく研究しており、意欲的な碁を打つという印象です。注目の1戦は、観戦者の少ない中静かに始まりました。(ほどなくして観戦者はけっこう増えましたが)

 

白26まではAI定石の変化の一つで、最近似たような形をよく見ます。

しかし、結果としてこの後の変化で黒が碁をまずくしてしまったので、白のツケには下ハネで簡明に受けるべきだったと浅野さんは局後におっしゃっていました。

黒27のシチョウアタリは少し露骨な感じで、黒1はどうでしょうかと義行先生。

義行流の革命的格言に「シチョウアタリは当たっていないところに打て!」と言うのがあります。シチョウに取った石はどうせすぐに白がポン抜くのだから、ポン抜きの厚みを消せる場所に打つのがよい、という趣旨で、Youtubeの「革命的囲碁格言講座26」の59分ごろから解説を見ることができます。

 

実はこれについても浅野さんが後日「もともとは自分も当たってないところに打ってたんだけど……」と悔恨の意を示されていました。

道川浅野戦 変化図1png

白28は意欲的な一手だ、と義行先生も感嘆していました。(ですがポンヌキが良いと思います、との留保付きですが)

黒31は写真黒1なら3が良いのではないかと思いますとこれまた義行先生。

 

実はこの白28が大きなターニングポイントで、局後に浅野さんがこの手に惑わされたと述懐していました。あえて言うなら白の勝着といえるのかもしれません。予想の中になかったみたいですね。

道川浅野戦 変化図2png

「白36から38は地に辛い一手!私なら普通(5の十四)にカケツギそうです。」

と義行先生の感想があります。道川さんはこの手で十分打てると確信があったようです。

先生によると黒39は白がカケツギを打たなかったので図のように打ってみたいとのことです。

道川浅野戦 変化図3png

 

白44までとなると白28が働いているような気がします。黒47ではとりあえず写真黒1のマガリで様子を 見ましょう、と義行先生の提案がありました。

筆者などはマガリが大好きなので、もっと早く打ってしまいそうです。

道川浅野戦 変化図4png

シチョウをとらず白64とはなかなか強情ですが、シチョウをポンヌキしないと言う一貫性が評価できますと義行先生の好評価。今風にいうと「いいね!」ってところでしょうか。義行先生がアマチュア指導で繰り返し言うのが「一貫性」の重要さです。その点道川さんはさすが己の道をしっかり進んでいる感じです。

 

「結果的には28と64が働きそうな局面になりました。この後も戦いが続きますが黒が苦しそうな感じです。道川さんはかなり強そうで独創的な碁を打たれますね。決勝戦は皆様に楽しんで もらえるような碁を打ちたいと思っています。」

 

と、義行先生の解説は締めくくられています。

 

本局は156手をもって白番道川さんの中押勝ちとなりましたが、最後のほうは浅野さんが残り10分を切る中で長考を繰り返していたので、かなり劣勢の意識があったようです。後ろで見ていた筆者は、時間が切れるのではとハラハラし通しでした。実際、時間がもたなかったので結果中押しに終わったのですが、時間がもう少しあってもおそらく結果は変わらなかったと思われます。

 

「浅野?強いよね。序盤中盤終盤、隙がないと思うよ。」

みたいな碁を打つのが浅野さんですが(このセリフは将棋のネタですが、わかるかな……)、その浅野さんを真っ向勝負で打ち破った道川さんには見事の一言。石たちが躍動する道川さんの碁を、みんなに見せていただきました!

 

この重要な一戦を制して道川さんはいよいよ決勝戦、義行先生との互先対局まで駒を進めました。さすがにレベルの高い一戦で、観戦していた高段者の皆さんも、検討にはあまり口出ししていませんでした。むしろたまたまこの日碁会所に来られていた級位者のお客さんのほうが、聞きたいことをズバズバ聞いていたのが見ていて新鮮で、面白かったです。

聞きたいことを素直に聞けるというのは、とてもよい資質だと思います。

 

決勝戦の所感も、またアップしますのでお楽しみに。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。