イベント告知 奥田あや先生 来札

今月26日から28日の3日間、女流プロの奥田あや先生をお招きして、新札幌たけのこ囲碁サロンにてイベントを行います。御用とお急ぎでない方は、ぜひ足を運んでみてください!

イベントスケジュールは下記のとおりです。

※ 指導碁は3~5面打ち程度を予定していますが、1回の予約は3名様まで限定とします。

※ 席料は別途とします。

※ 指導碁は1局2500円です。

※ 余裕を見て、指導碁の当日受付も行います。

予約受付 下記あてにメールにてお名前・お電話番号を添えてご予約ください。
takenokoigo.salon2@gmail.com
(又はサロンのツイッターアカウント宛にDMをいただいても結構です。各回予約は先着順とします。)

 
3月26日 金曜日 奥田あや先生を囲む夕べ

初日は夕方から、希望者に対して指導碁を打っていただきます。(特別に営業時間を延長して行います。)

アルコールの持ち込みも可能です。ゆるりとした会を予定しています。

指導碁1局(90分程度) 2500円(席料別)

1回目17時~
2回目18時45分~

21時ごろ~ サイン会、写真撮影

 

3月27日 土曜日 渡部春妃送別公開対局、奥田あや先生自戦解説、指導碁(1回2500円)

開業からサロンを支えてくれていた、大事なスタッフの渡部春妃さんが、4月より就職のため上京します。その送別を兼ねて、奥田先生との公開対局会を行います。

10時 公開対局 渡部春妃×奥田あや 実況 中村泰子
11時 公開対局の大盤解説 解説 奥田あや 聞き役 中村泰子

13時 奥田あやプロ 自戦開設 聞き役 中村泰子
14時 指導碁 1回目
15時30分 指導碁 2回目

17時ごろ~ サイン会、写真撮影

 

3月28日 日曜日 指導碁 大盤解説会

10時 指導碁

13時 大盤解説(希望者の自戦譜を奥田プロに解説していただきます。2~3名分)

14時30分 指導碁 午後1回目

16時 指導碁 午後2回目

17:30ごろ~ サイン会、写真撮影

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第1期 北海道たけのこ王位戦 棋譜と所感 道川さん対浅野さん

道川浅野戦 _page-0001

さて、たけのこ王位戦も大詰め、アマチュア同士ではこれが決勝戦となる道川さんと浅野さんの一戦です。両者ともいつプロに勝ってもおかしくない文句なしの強豪ですが、公式戦での戦績は浅野さんが有利に聞き及んでおります。

これまでの対局を拝見する限り、道川さんは最新の打ち方をよく研究しており、意欲的な碁を打つという印象です。注目の1戦は、観戦者の少ない中静かに始まりました。(ほどなくして観戦者はけっこう増えましたが)

 

白26まではAI定石の変化の一つで、最近似たような形をよく見ます。

しかし、結果としてこの後の変化で黒が碁をまずくしてしまったので、白のツケには下ハネで簡明に受けるべきだったと浅野さんは局後におっしゃっていました。

黒27のシチョウアタリは少し露骨な感じで、黒1はどうでしょうかと義行先生。

義行流の革命的格言に「シチョウアタリは当たっていないところに打て!」と言うのがあります。シチョウに取った石はどうせすぐに白がポン抜くのだから、ポン抜きの厚みを消せる場所に打つのがよい、という趣旨で、Youtubeの「革命的囲碁格言講座26」の59分ごろから解説を見ることができます。

 

実はこれについても浅野さんが後日「もともとは自分も当たってないところに打ってたんだけど……」と悔恨の意を示されていました。

道川浅野戦 変化図1png

白28は意欲的な一手だ、と義行先生も感嘆していました。(ですがポンヌキが良いと思います、との留保付きですが)

黒31は写真黒1なら3が良いのではないかと思いますとこれまた義行先生。

 

実はこの白28が大きなターニングポイントで、局後に浅野さんがこの手に惑わされたと述懐していました。あえて言うなら白の勝着といえるのかもしれません。予想の中になかったみたいですね。

道川浅野戦 変化図2png

「白36から38は地に辛い一手!私なら普通(5の十四)にカケツギそうです。」

と義行先生の感想があります。道川さんはこの手で十分打てると確信があったようです。

先生によると黒39は白がカケツギを打たなかったので図のように打ってみたいとのことです。

道川浅野戦 変化図3png

 

白44までとなると白28が働いているような気がします。黒47ではとりあえず写真黒1のマガリで様子を 見ましょう、と義行先生の提案がありました。

筆者などはマガリが大好きなので、もっと早く打ってしまいそうです。

道川浅野戦 変化図4png

シチョウをとらず白64とはなかなか強情ですが、シチョウをポンヌキしないと言う一貫性が評価できますと義行先生の好評価。今風にいうと「いいね!」ってところでしょうか。義行先生がアマチュア指導で繰り返し言うのが「一貫性」の重要さです。その点道川さんはさすが己の道をしっかり進んでいる感じです。

 

「結果的には28と64が働きそうな局面になりました。この後も戦いが続きますが黒が苦しそうな感じです。道川さんはかなり強そうで独創的な碁を打たれますね。決勝戦は皆様に楽しんで もらえるような碁を打ちたいと思っています。」

 

と、義行先生の解説は締めくくられています。

 

本局は156手をもって白番道川さんの中押勝ちとなりましたが、最後のほうは浅野さんが残り10分を切る中で長考を繰り返していたので、かなり劣勢の意識があったようです。後ろで見ていた筆者は、時間が切れるのではとハラハラし通しでした。実際、時間がもたなかったので結果中押しに終わったのですが、時間がもう少しあってもおそらく結果は変わらなかったと思われます。

 

「浅野?強いよね。序盤中盤終盤、隙がないと思うよ。」

みたいな碁を打つのが浅野さんですが(このセリフは将棋のネタですが、わかるかな……)、その浅野さんを真っ向勝負で打ち破った道川さんには見事の一言。石たちが躍動する道川さんの碁を、みんなに見せていただきました!

 

この重要な一戦を制して道川さんはいよいよ決勝戦、義行先生との互先対局まで駒を進めました。さすがにレベルの高い一戦で、観戦していた高段者の皆さんも、検討にはあまり口出ししていませんでした。むしろたまたまこの日碁会所に来られていた級位者のお客さんのほうが、聞きたいことをズバズバ聞いていたのが見ていて新鮮で、面白かったです。

聞きたいことを素直に聞けるというのは、とてもよい資質だと思います。

 

決勝戦の所感も、またアップしますのでお楽しみに。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

革命的認定問題343~345問解説会

インターネットで2012年から開講している義行式革命的認定問題解説会のバックナンバーをYoutube革命的囲碁チャンネルで順に公開しています。
今回は2014年9月1日に開講した343~345問の解説会です。
ぜひご覧下さい。

認定問題解説会以外にもミニ講座や革命的格言講座、革命的実戦指南を公開していますので見て下さいね^^
気に入って頂けたら高評価、チャンネル登録をして頂ければとても嬉しいです。
なお、電車の音や犬の鳴き声が入っていることがあります^^;
また、言い間違いなどがあるかもしれませんがご容赦下さい。

義行流革命的格言講座 義行式革命的認定問題 義行流革命的囲碁チャンネル・目次

カテゴリー: 音声講座 | コメントは受け付けていません。

革命的格言講座・34

インターネットで2011年から2016年まで開講した義行流革命的格言講座のバックナンバーをYoutube革命的囲碁囲碁チャンネルで順に公開しています。
この格言講座は「囲碁サークルうさぎくらぶ」のHPに掲載し書籍も第1~6巻が出版されています。
書籍に掲載されている順に毎回3格言ずつ紹介していきますのでぜひご覧下さい。
今回は2014年4月21日分の講座を公開します。

【今回紹介する革命的新格言】(第4巻・驚愕の互先戦法♪)
ワリウチは必ず三線に打て!
ハサミを打たれたらまずは背後を見よう!
三線のトビ出しからはナラビが好手!

格言講座以外にもミニ講座や認定問題解説会、革命的実戦指南を公開していますので見て下さいね。
気に入って頂けたら高評価&チャンネル登録をして下されば嬉しいです^^
なお、電車の音や犬の鳴き声が入っていたり言い間違いなどがあるかもしれませんがご容赦下さい。

革命的格言講座 義行式革命的認定問題 義行流革命的囲碁チャンネル・目次

カテゴリー: 音声講座 | コメントは受け付けていません。

第1期北海道たけのこ王位戦 棋譜と所感 道川さん×igobearさん

道川三橋 2021.01.23_page-0001

さて、たけのこ王位戦も大詰めが近づいてきました。3回戦最後の対局、道川伊織さん対igobearさん。igobearさんは小学校3年生ながら3回戦まで駒を進めてきた実力者ですが、対する道川さんは北海学園大学から、在学中毎年学生大会の北海道代表になり続けた強豪ですから、実績では道川さんが格上と言ってよろしいでしょう。

 

この対局が始まった時、筆者はサロンに時々碁を打ちに来る小学校低学年と年長さんのちびっこ姉妹と碁盤を囲んでおり、観戦と棋譜取りはスタッフの井上さんに任せていました。ので、対局の経過を見ていたのは途中からです。ちびっ子たちに碁を好きになってもらうのも、めっちゃ大切な仕事ですからね。

白2から4は趣向なのでということで、義行先生から善悪の指摘はありません。

ただしこの後この白が働くような展開にするのは難しそう、とのことでした。

黒7のコスミツケは、黒7で単に黒9と打つのにくらべてコスミツケの必要性がわからないと義行先生が首をひねっていますが、もともと義行先生は置き碁で相手にコスミツケを打たれるのが大好物でして、義行先生にコスミツケを打った人はたいていやられていたことを筆者はよく覚えています。それでよく、コスミツケ擁護派と議論になったものです。

 

左下の戦いの結果は白が多いところなのに白が不満、と義行先生の評がありますが、たしか局後の検討でも同じような話をしていたと思います。

白32は車の後押しっぽくて嫌な感じで、これは義行先生も勝った道川さんも同意見のようです。

図のようにとタケフに打ち左辺と下辺のハサミを見合いにしたいところでした。

道川伊東 変化図1png

 

白36もタケフにツギが良く、実戦の36だとのちに黒45が先手になります。

黒47は馬の顔の方がバランスが良いと思いますが何れにしろ黒が有利な戦いです、と義行先生。実際この辺では黒は好調を意識していたようです。

 

白78では変化図白1のツケはどうかと義行先生からの提案。

白は上辺をこのまま地にするくらいの気持ちが必要だ、とのことです。

道川伊東 変化図2png

 

なお、この間すっ飛ばしましたが右下でコウが起こっており、道川さんによると時期尚早で、いいコウダテがないため白がかなり不利になってしまったという話でした。

実際、実戦の変化では白大いに不満なんですが、義行先生はコウには勝ちまたはフリカワリを読み切って仕掛けるものと、ふりを覆すために勝負手として打つものの二通りがあるので、これは後者ではないかと思う、との感想でした。

黒83では写真黒1の補強で十分とのことです。

道川伊東 変化図3png

白84では(82でも)写真白1から3くらいのことはしましょう、この後も戦いは続きますが白が苦しいと思います、ということで義行先生の講評は終わりです。

形勢不利なら勝負手探せ、と格言にも言いますね。筆者はそれが苦手です。

 

さて、すこし補足しますが、実戦黒51のハネは軽率で白に調子を与えてしまったかと局後の検討で話題になりました。

変化図のようにヒキで打って、なんならカラミにして攻めるくらいが隙のない打ち方だったのではということです。

道川伊東 変化図5png

この対局は道川さんの中押勝ち。

アマチュアナンバーワンの座は、道川さんと浅野さんで争われることになります。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

,義行式革命的実戦指南(2016.11.13)

インターネットで2016年からたけのこ囲碁協会が主催し開講している義行式革命的実戦指南のバックナンバーを順に公開します。
革命的実戦指南は毎回布石のテーマを決め義行が皆様と対局(途中で打掛)
打掛後に詳しく解説する講座です。
今回は2016年11月13日分の講座を公開します。
テーマは「互先・中国流に対する白番の打ち方」です。
中国流後をおふたりに黒番と白番で自由に打って頂きました。
中国流が苦手な皆様、ぜひご覧下さい。

革命的実戦指南以外にもミニ講座や格言講座、認定問題解説会を公開していますので見て下さいね。
気に入って頂けたら高評価&チャンネル登録をして下されば嬉しいです^^
なお、電車の音や犬の鳴き声が入っていたり言い間違いなどがあるかもしれませんがご容赦下さい。

革命的格言講座 義行式革命的認定問題 義行流革命的囲碁チャンネル・目次

カテゴリー: 音声講座 | コメントは受け付けていません。

第1期北海道たけのこ王位戦 棋譜と所感 浅野さん×伊東さん

浅野伊東戦 2020.01.16_page-0001

1月16日土曜日、14時からたけのこ囲碁サロンと釧路の囲碁サロン尾越とをネットでつないで、北海道たけのこ王位戦の三回戦を行いました。

黒番は浅野哲也さん。もしかしたら北海道のアマチュアの中で一番強くはないのかも知れない、というくらい文句なしの強豪です。白番は小学校5年生の伊東信義さん。頑張り屋さんで、礼儀正しく、碁に対して真摯なプロ志望の少年です。
浅野さんも強いですが、伊東さんも先のワイズアカデミー杯で2勝を挙げた強者。手がよく見えているので、隙を見せるといつがぶっとやられるかわからない怖さがあります。

この日、浅野さんは慣れない東洋囲碁(タイゼムとも)での対局のため、40分ほど前にサロンに来て、練習対局をされていました。相手を務めたのは5段格の井上慶太さん。将棋のプロ棋士と同姓同名ですが、まったく関係ありません(笑)。井上さんはよく釧路新聞の囲碁コーナーに名前が登場する、元尾越先生の門下生です。現在は札幌の税理士事務所で働きながらたけのこ囲碁サロンのスタッフの一人として活躍してくれています。つまり、伊東信義さんとは兄弟弟子の関係と言えるでしょう。
ひととおり対局のやり方と検討の方法をリハーサルして、万全の態勢を整えてくださった浅野さん。予定通り14時に伊東さんがログインしてくれて、対局スタートです。

 

義行先生によると黒9は10辺りにハサミを打ちたいとのこと。

さらに黒11は写真の1に打ちたいそうです。右上の構えとの兼ね合いで、右辺が重要ということでしょうか。

浅野伊東 変化図1png

白12は意味不明で、打たない方が良いと思いますと義行先生。

黒19は写真1から3とノビましょうとのご推奨です。

ちょうどこの変化図が届いたときに浅野さんがサロンにいらしたんですが、この指摘には浅野さんも思うところがあるらしく、「やっぱり言われましたか」みたいなことを言われていました。わかっていたけど敢えて打ったということのようです。

浅野伊東 変化図2png

白20は気合いが良い一手ですが、その後白22から黒二子を取るのはつまらないので、

白22では写真1から3と打ちたいと義行先生。

これについては局後の検討でも同じことが話されていました。もともと白地だったところを少々拡張しても面白くないそうです。強い人はこういう「価値の判断」が優れていますよね。中級者にとっては共通の課題です。

浅野伊東 変化図3png

ついでに言うと、浅野さんは三々入りに白が手抜きをすることは想定していなかったようで、やっぱり受けたほうがよかったでしょうと。浅野さん自身は、次のような変化を考えていたのだそうです。概念的には義行先生の指摘と似ていると思います。

伊東 浅野 変化1

ちなみに、このへんの検討を筆者は後ろでずっと聞いていましたが、その間ずっと「浅野さんって碁がうまいなあ~」とあほみたいなことを考えていました。参考までに言うと義行先生も碁がすごくうまいです。義行先生くらい碁がうまければ、プロになってもやっていけると思いますが、いかがなものでしょうか!?

 

義行先生によると白40から42は黒を固めて白は不安定な石になるので大問題。これは局後の検討でも言われていたことで、様々なアジ消しになってしまっているようです。

写真白1のキリはどうでしょう、黒2のシチョウでもノビでも白3のオシが厳しくなります、との義行先生のご提案です。浅野さんもおおよそ同じような意見だったようです。

 

浅野伊東 変化図4png

さらにもう一つ参考図。

浅野伊東 変化図5png

こちらの図では黒三子を捨てられるかもしれません、と義行先生(左辺の三子を指すものと思われます)。

黒45からは白が苦しいと思います、ということで講評が締めくくられています。

 

この対局はダメ詰めまでしっかり打たれましたが、40目半という黒番浅野さんの圧勝でした。ついた目差ほどに両者に実力の開きがあるとは思えませんが、そこは浅野さんの一日の長。この一局は黒にうまく打ちまわされてしまったようです。ともあれ、白番の伊東さんの目標はプロ棋士になることですから、このような強豪との対局経験を積んで、しっかり実力をつけていってほしいですね。筆者も後援会の一人として応援しています。

 

ところで本局、黒番の浅野さんが60分の持ち時間中59分をきっちり使い切っているのに対し、白番の伊東さんの消費時間は15分少々。浅野さんが考えている間伊東さんも考えているわけだし、早見えの少年ではあるので、本人なりにしっかり考えたのだと思いますが、結果からみるともう少しじっくり考えてもよかったのかも知れないなと少し思いました。

 

浅野さんは準決勝に進み、次にもし勝ったら「たけのこ王」義行八段との互先対局です。今後の大会結果を注視しましょう。

北海道たけのこ王位戦 2021.01.23トーナメント表_page-0001

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

義行式革命的実戦指南(2016.10.09)

インターネットで2016年からたけのこ囲碁協会が主催し開講している義行式革命的実戦指南のバックナンバーをYouTube革命的囲碁チャンネルで順に順に公開します。
革命的実戦指南は毎回布石のテーマを決め義行が皆様と対局(途中で打掛)
打掛後に詳しく解説する講座です。
今回は2016年10月9日分の講座を公開します。
テーマは三子局・白目外しに黒小目&高目カカリです。
この後を黒番で自由に打って頂きました。
上手に目外しを打たれるのが苦手な方はぜひご覧下さい。

革命的実戦指南以外にもミニ講座や格言講座、認定問題解説会を公開していますので見て下さいね。
気に入って頂けたら高評価&チャンネル登録をして下されば嬉しいです^^
なお、電車の音や犬の鳴き声が入っていたり言い間違いなどがあるかもしれませんがご容赦下さい。

革命的格言講座 義行式革命的認定問題 義行流革命的囲碁チャンネル・目次

カテゴリー: 音声講座 | コメントは受け付けていません。

第1期北海道たけのこ王位戦 棋譜と所感 伊東さん×嶋さん

第1期たけのこ王位戦  伊東 嶋 白中押勝ち_page-0001

1月9日に行われた、伊東信義さん対嶋孝浩さんの対局の棋譜と所感をアップします。
一方の伊東さんはすでにご紹介した通り、釧路在住の尾越先生門下生です。
対する嶋さん、こちらは囲碁歴19年、社会人アマです。2009年に学生本因坊戦の北海道代表になったり、日本学生囲碁王座戦の本戦に出場したりと学生時代に活躍し、その後も全道アマ囲碁名人戦で3位、宝酒造杯6段戦札幌大会で優勝して北海道代表になるなどの実績がある強豪です。
筆者は従来嶋さんとは面識がなかったのですが、たけのこ囲碁サロンオープン後間もなく初めてお客さんとしていらしたときにお会いしました。その時に「どのくらいの棋力でやられているんですか?」と聞いたのに対して「いちおう6段でやってますけど……」と言われて少しばかり緊張しました。
というのは、碁会所あるあるなんですけど、「6段」てけっこう厄介なんですよ。上から下までで5子くらいの腕の差があると思います。例えばうちの席主の一人である渡部春妃さんは北海道女流アマを三連覇した結果正規に「6段」の免状をもらっているから6段ですが、サロン内での対局の時には8段でやってもらっています。また、サロン内の「6段」の方々は、前身である「新札幌囲碁会館」時代には7段でした。ややインフレのきらいがあったので、「新札幌たけのこ囲碁サロン」になるときに全部1段ずつ下げたのです。
ほとんどプロと遜色ないような人でも「6段」、プロに5子置くくらいの人でも「6段」。よくある話です。だからよく「プロと打つとき何子で打ちますか?」と聞くのですが、時々「プロと打ったことないんで……」と返されて困ることも。
のちに判明したのは、嶋さんはそんな中でも上の方の6段である、ということです。さて、嶋さんが上の方の6段なら、囲碁歴3年に満たないけれど伊東さんも十分上の方の6段です。対局の内容はいかに?

嶋さんの黒番です。

黒9、ここでは右辺に打ちたいと義行先生。

伊東嶋 変化図1

また、白14ではワリウチで問題ないと思うとのことです。

伊東嶋 変化図2png

さらに白14からの手段はおもしろいのだけれど、30までの結果は白はあまり面白くないような気がするそうです。

そして黒31はボウシを打ちたいとのこと。筆者的には打たれるといやな気分になるやつです。受けるべきか、逆襲するべきか、無視するべきか、めちゃ迷った上でよくない選択をする、よくありませんか、そういうこと?

伊東嶋 変化図3png

義行先生は黒41では切りたいといいます。

変化図は黒が上手くいきすぎすぎなので白はどこかで変化するのですが、それでも黒十分やれると思う、とのことです。さて、でもどこで変化すればいいのかな、と筆者はいろいろ考えてみましたが、あんまり白的にしっくりくる変化が見つけられませんでした。

伊東嶋 変化図4png

白46から50は元気が良い手、と義行先生の評。ただ少し無理気味らしいです。

「黒57では間に合わせですが黒1とかはどうでしょう、と言っておきながら私なら実戦のようにポン抜きます(笑)。」

え、じゃあ実戦でいいってこと!?

伊東嶋 変化図5png

黒59から61ですが白60から62と封鎖されると少し嫌な感じで、59では黒1から7とこのラインを切りたい、とのことです。変化図を見ると確かになんか安心感が。

伊東嶋 変化図6png

 

「白60から62のラインがつながると左上の厚みが活きて白が面白いかな。

最後に細かい話ですが黒89は辛すぎます。せめて黒1とノビましょう。」と義行先生の言。

筆者は内側で眼を作る手って、打つときいつも悩みます。よくこのように言われるし、実際相手方によそへの先着を許すとそれっきり反撃の機会が回ってこないこともしばしばで……。でも、かつては眼を持たないと死ぬってわからなくて死んでたんですから、それに比べれば、って筆者の話はどうでもいいですね、スイマセン。

伊東嶋 変化図7png

黒の方は部分的な戦いに強く白の方は大局観が優れていると思う、と義行先生のまとめがあります。筆者は、伊東さんの石は外側にピタピタとまとまっていくことが多いと感じるのですが、部分的な地に拘泥しないあたりがそういう評価につながるのでしょうか。

190手完、白中押勝。強豪相手に立派な勝利でした。伊東さんは次に浅野さんと当たります。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

革命的認定問題339~342問解説会

インターネットで2012年から開講している義行式革命的認定問題解説会のバックナンバーをYoutube革命的囲碁チャンネルで順に公開しています。
今回は2014年8月4日に開講した339~342問の解説会です。
ぜひご覧下さい。

認定問題解説会以外にもミニ講座や革命的格言講座、革命的実戦指南を公開していますので見て下さいね^^
気に入って頂けたら高評価、チャンネル登録をして頂ければとても嬉しいです。
なお、電車の音や犬の鳴き声が入っていることがあります^^;
また、言い間違いなどがあるかもしれませんがご容赦下さい。

義行流革命的格言講座 義行式革命的認定問題 義行流革命的囲碁チャンネル・目次

カテゴリー: 音声講座 | コメントは受け付けていません。